おっさんと投資とミニマリスト

僅かな労働と僅かな物で生きている、独身おっさんの独り言

本(18)

おはこんばんちは!

shigashotenです


 本日のお勧めはこちら!!


「しょぼい喫茶店の本」
 著者 池田達也

 

f:id:shigashoten:20211122181435j:plain

 

「僕は働きたくなかった」


第一章のタイトルが「僕は働きたくなかった」


いきなりのクリティカルヒットを食らいました


筆者はまだ社会人になったこともない大学生ですよ?


人生舐めてるのかな? 


さらには文庫本のそでには「就職できなくても生きる!!」です


読んでいくうちに筆者がなぜこんなマインドになったのかなどは


なんとなく理解できました


ただ!!!  生きていくうえでお金は必要です


働かなくて、就職もしない人が言っていいセリフではありません


おっっと・・

いけない・

いけない・

熱くなってしまいました


要するに筆者は好きなことをやってその対価で生きていく方法がやりたいんですね


納得、納得。


まさに現代版のバリスタFIREですね

FIしてないのでこの場合は「バリスタRE」ですか


そうやって物の見方を変えると応援したくなります


なぜ自営業?

なぜ喫茶店

社会を知らない若者らしい安易で危険な思考に、

心が躍ると同時に、ムリだな・・と現実を感じてしまう私はおっさんです


若者が色々な人に助けられ、「しょぼい喫茶店」を経営する

そして分かり合える伴侶に出会う

なんとも素晴らしい話ではないですか


この先も自分の信念に基づいて「しょぼい喫茶店」を継続していってください


継続できるならね!!!!!!!


この本の一番の読むべきポイントは


「長めのあとがき」です


こちらが一番読みごたえがあり共感ができます

ぜひとも最後の「長めのあとがき」を読んでください

 

調べたらこちらの「しょぼい喫茶店」は現在は廃業してしまっているみたいです


まだ頑張って継続していたらぜひともうかがってみたかったので残念です

 

補足:紹介している本は全て図書館からレンタルした本です

 

今日も生きてるだけで丸儲け!!

 

まいどっ!!


「shigashoten」で
TwitterInstagramやってますので
よろしければフォローよろしくお願いします